個人配信と動画サービスの変化について

個人配信と動画サービスの変化について

ネットでの個人動画の配信が盛り上がる一方で、これまではテレビ番組などで活躍していたタレントも次第にネットでの動画配信に進出し始めています。

 

ニコニコ動画などでは既にお笑い芸人やタレントが定期的に生放送を行っており、中には大物タレントを起用する公式番組も流れるようになってきました。
しかしこういった動画配信のメジャー化に伴い、個人ユーザーは違った動きを見せているようです。

 

かつてニコ生で個人配信の中心地であったニコニコ動画ですが、公式番組の増加によるトラフィックの増加やインターフェースの使いにくさから、個人の動画配信は外部に逃げはじめています。この受け皿となっているのがtwitchで個人配信主の多くが既にこちらに活動の場を移していると言われています。

 

こうした状況から見えてくるのはインターネット事業の移りかわりの早さです。かつて個人配信の中心だったピアキャスは様々な理由であっという間に衰退し、ニコニコ動画がその座を奪う形になりました。

 

そのニコニコ動画も現在は個人ユーザーを失いつつありますが、タレントなど、より集客力があり、利益を見込めるメジャー番組に軸足を移しているようで、個人ユーザーの引き留めにはそれほど熱心でないように見受けられます。

 

今後動画配信がどのような流れになっていくのかは分かりませんが、人々がその場に留まっているのはせいぜい数年という傾向が続いていくのかもしれません。


動画の宝石箱-活用・利用術- サイトマップ